庭木の寿命~枯れ木はすぐに伐採~

住宅地に植えられる木

木の寿命はかなり長いイメージがあるかと思います。実際に樹齢100年や1000年の木もありますよね。神社には神木がありますし、森の中にも長生きしている木はたくさんあります。しかし、一般住宅に植えられる庭木が長生きすることはありません。長い年月が経って枯れてしまった庭木をそのままにしておくと危険なのですぐに伐採するようにしましょう。

枯れ木が危険な理由

上で少し触れましたが、枯れた庭木を放置しておくと危険です。枯れた庭木は水分が抜けて脆くなるか、逆に水分を吸収しすぎて腐り、脆くなってしまいます。この状態で放置しておくと、木が倒れて大きな事故につながることもあるので伐採が必要なのです。

庭木が枯れた~誰が伐採をするの?

チェーンソーは危険

大きな庭木を伐採する際は、チェーンソーを使います。簡単に木を切り倒せる便利な機械ではありますが、扱いに慣れていないと怪我をしてしまう可能性があります。実際にチェーンソーによる事故で命を落としてしまったケースもあります。チェーンソーを使った伐採は危険を伴うので、業者に任せるのが一番です。

業者が語る!いい業者はこう選ぶ

枯れた庭木の伐採は業者に任せたほうが良いですが、適当に業者選びをすると正しく伐採ができない可能性もあります。ここでは同じ業者だからこそ分かる、良心的な業者の特徴について紹介します。

やはり実績のある業者は腕が違いますね。庭木を扱う仕事は豊富な経験と知識がないと成り立ちませんよ。(50代/伐採業)

庭木の伐採を行なう際は、専門の知識と技術が必要になります。知識と技術があるかどうかで作業の仕上がりは左右されるのです。選んだ業者が質の悪いところだと、庭木を切りすぎて枯れてしまったり、切り方が悪くて腐ってしまったりすることもあります。事前にその業者の実績や伐採の例をチェックして、安心して任せられる業者か見極めることが大切です。

作業スタッフのマナーがしっかりしている業者は、伐採作業もスピーディーにこなしてくれますよ。(40代/伐採業)

どれだけ腕の良い業者でもマナーがなっていないと質の良いサービスとは言えません。近所に挨拶をしなかったり、後片付けをしなかったりする業者も中にはいます。ホームページのお客様の声などをチェックして信頼できる業者か確認してみましょう。

枯れ木の再利用

枯れ木をリサイクル!

エコが叫ばれている今、いくら枯れ木とはいえ伐採された木がどのように処分されるか気になるでしょう。実は枯れ木には、「再生させる」「インテリアにする」などの使い道があります。

再生させる
枯れたように見えても、根っこが枯れていなければ復活する可能性があります。まだ元気そうな枝を鉢に移して、土と肥料をたっぷりと入れて水をあげていれば新芽が出てくることもあります。再生が難しい場合は、材木として再利用することも可能です。
インテリアにする
枯れ木をインテリアとして再利用する方法をご存じでしょうか?オブジェとして飾ったり、細い枯れ木の枝で照明を作ってみたり、小物やアクセサリーを作るという方法もあります。自分だけの特別なアイテムを作ることができるのでおすすめです。
TOPボタン